スポンサード リンク


2007年10月20日

ゴミ問題:インドからNYに送り返された不法ゴミ

インドの製紙会社Kochin Kadlasは、米ニューヨークから原料となる古紙を輸入している会社です。
そのインドの製紙会社が輸入し、コーチン港に到着した3つのコンテナには、腐敗した生ゴミやプラスチックが混入していたそうです。

国家汚染防止委員会の専門家が検査を行った結果、プラスチック、生分解性の生ゴミ、ガラスの破片、コンピューター付属品用のこん包材など合計60トン分の廃棄物が、古紙に混じっていたということですが、このインドの製紙会社には、ニューヨークから「禁止された廃棄物」を搬入したことに対し、注意が発せられるというで、このインドの製紙会社は廃棄物の混入を知って、毎回、原料と偽って廃棄物を受け入れてお金をもらっていたんでしょうねぇ。
今まで取引のあった同士で、突然、廃棄物混入のコンテナが送られるってことは無いでしょうから。

にしても、ニュースの写真はニューデリーのヤムナー川に浮かぶゴミの写真ですが、一部の人間の金儲けのしわ寄せが、いろいろなところで弊害を生んでいる今日この頃です。
ま、自国で出したゴミは、自国で責任持って処分して欲しい物です。
地球には国境は無いのだから。


posted by エコロジー記者 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62140791

この記事へのトラックバック
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
スポンサード リンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。