スポンサード リンク


2007年09月20日

フランスのリール市で家庭ゴミ産バイオガスのバス運行計画

日本で遅々として進まぬ化石エネルギーに代わる代替燃料による公共交通網化を尻目に、フランスではどんどん代替燃料による公共交通網が進んでいっています。

本日紹介するフランスのリール市では、市内で運行するバス100台の燃料に家庭から排出される生ゴミなどの有機廃棄物を発酵させて作るバイオガスを使用する計画を発表しました。
バイオガスは、年間400万立方メートルの生産能力を誇る最新鋭のはリサイクルプラントで生産され、バス100台の通年走行に十分なエネルギーが生ゴミなどの廃棄物から作られます!

リール市は、何も人口の少ない都市ではなく、埼玉県さいたま市や、広島県広島市、宮城県仙台市などと同じ人口約110万人都市です。そういった大都市でも、やる気があれば計画できるんです。

今回の取り組みは、本来捨てるべき生ゴミがエネルギーになるだけでなく、有機廃棄物をバイオメタン化して得られるバイオガスは、化石燃料よりも炭素排出量がはるかに少ないことは言うまでもありません。
ちなみにスウェーデンでは2005年に既に、世界初のバイオガス電車が導入されているそうです。

技術だけは高い日本ですが、その精神は地球全体と言わずとも、せめて自国の環境向上に生かされることは無理なのでしょうか?

posted by エコロジー記者 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
スポンサード リンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。