スポンサード リンク


2007年09月23日

9月22日は「カーフリーデー」。初参加の北京は大ゴケ

9月22日は世界的なカーフリーデーということで、都市の中心部で自動車を使わないことで、地球環境問題、都市交通問題の改善を考える日です。
カーフリーデーは、1997年9月22日フランスのラ・ロシェルで始まり、翌98年にはフランス政府の支援で全国で行われたものが、2000年には欧州委員会の補助プロジェクトとなり、ヨーロッパ中に広がっていきました。
更に、2002年からは9月16日から22日を「モビリティウィーク」として規模を拡張しています。

日本では、2000年から市民団体が取り組みはじめ、2005年には横浜市、名古屋市、兵庫県姫路市、長野県松本市、東京都国立市が「支援参加(正式参加の前段階)」しています。なお、日本ではまだ平日に行える状況ではないため、秋分の日に設定されています。

今年はそのカーフリーデーに、2008年オリンピックを向かえる北京を始め中国の複数の都市も参加。午前7時(日本時間午前8時)から午後7時の間、歩行者・自転車・タクシー・バス以外は通行できない規制が実施されました。

が、結果は大失敗。
北京オリンピックの開催に向け、光化学スモッグ抑制の調査として、8月の規制実施に際しては6500人以上の交通整備員が動員され、実質的に通行が禁止されて成功しましたが、今回は市民の自粛に任せたことで、交通はいつもと何ら変わりなく、政府の呼びかけは見事に無視されたようです。

ま、日本の場合も、平日はまだ無理とのことですので、中国を避難することはできませんが、「モビリティウィーク」まで進めている欧州は、やはり、ほんと凄いなと思います。

posted by エコロジー記者 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

モントリオール議定書締約国会合で代替フロン全廃前倒しへの障害

1987年に採択されたオゾン層を破壊する物質の規制を定めた「モントリオール議定書から20年を記念して、カナダのモントリオールで締約国会合が9月19日に開かれました。

その主議題は、「オゾン層を破壊する化学物質の利用を先進国は2030年、開発途上国は2040年までに全廃」というモントリオール議定書で採択された予定を、オゾン層の修復が地球温暖化対策の一助となることが判明したために、10年前倒ししようという話し合いです。

前倒しに対し、開発途上国から先進国に対し、オゾン層を破壊しない新技術や化学物質に切り替える為に年間推定1億5000万ドル(約172億円)の基金が必要になるそうです。
例えば南アフリカでは、金鉱の冷却に大量の代替フロンのハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)を使用しており、新しい空調技術が導入されるまで採鉱が中断されるのは避けたいといった意向もあり、参加190国、いろいろ言い分があるので、ほんと、難しいと思います。

しかし、こうして各国が言い分を主張している間に、地球は環境破壊により人類が住めない世界になっていっています。このまま地球温暖化が進めば、海面上昇により陸や島が海に沈み、暑い地域は砂漠に飲まれて行くでしょう。オゾン層が破壊されれば生き物に有害な紫外線が地球に降り注ぐようになります。
普通に人が生きられなくなる時まで、時間はどれぐらい残されているんだろうと思うとともに、そうなるしか道は残されていないのかと思うと、悲しいですね。


posted by エコロジー記者 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

フランスのリール市で家庭ゴミ産バイオガスのバス運行計画

日本で遅々として進まぬ化石エネルギーに代わる代替燃料による公共交通網化を尻目に、フランスではどんどん代替燃料による公共交通網が進んでいっています。

本日紹介するフランスのリール市では、市内で運行するバス100台の燃料に家庭から排出される生ゴミなどの有機廃棄物を発酵させて作るバイオガスを使用する計画を発表しました。
バイオガスは、年間400万立方メートルの生産能力を誇る最新鋭のはリサイクルプラントで生産され、バス100台の通年走行に十分なエネルギーが生ゴミなどの廃棄物から作られます!

リール市は、何も人口の少ない都市ではなく、埼玉県さいたま市や、広島県広島市、宮城県仙台市などと同じ人口約110万人都市です。そういった大都市でも、やる気があれば計画できるんです。

今回の取り組みは、本来捨てるべき生ゴミがエネルギーになるだけでなく、有機廃棄物をバイオメタン化して得られるバイオガスは、化石燃料よりも炭素排出量がはるかに少ないことは言うまでもありません。
ちなみにスウェーデンでは2005年に既に、世界初のバイオガス電車が導入されているそうです。

技術だけは高い日本ですが、その精神は地球全体と言わずとも、せめて自国の環境向上に生かされることは無理なのでしょうか?

posted by エコロジー記者 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国の外資系の環境規制違反の中に日本企業も!

中国で環境問題、環境問題と騒いでも、それは、ODAや外資系企業の現地工場やら、元々は外部がもたらしている影響が大きいんですよね。

今年の初頭の抜き打ち検査で、環境規制違反を指摘されたのが、英国とオランダの食品・家庭用品合弁企業ユニリーバの中国法人と日立建機の中国支社の2社。2社の排水から許容量を超える化学物質が検出されたそうです。

で、その罰則ですが、ユニリーバ工場には約226万円の罰金と排水量削減の為の生産量制限ということで、こんな罰則では環境規制用の設備導入よりもはるかに安く、設備投入するより罰則払った方が良いってことになりそう。
それも癪に障るので、企業名を晒すということで、少しは溜飲を下げたいと思います。

一応、中国も水質汚染度を測る科学的酸素量(COD濃度)について削減目標を設定して取組んでいるようですが、実際は増加していっているとか。

それにしても、日本国内でもデータを改ざんして偽装工作する企業も後を絶たないわけで、真面目な企業も多いんでしょうけど、他国で公害を撒き散らす日本の企業の話を聞くと、ほんと同じ日本人として恥ずかしいです。

posted by エコロジー記者 at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

裸にエプロンで化粧品会社が包装削減キャンペーン!

現実問題、包装の有る無しで、受け取る側の心情ってどうなんでしょう?包装って、ほんと、実際には不要なもんなんですよね。要するにその存在価値が雰囲気作りとかムード作りってところに行き着くわけですから。

その包装って行為が環境破壊や地球温暖化の一因になっているならば。って、環境破壊や地球温暖化の原因の全体から見たら、ほんの微々たる一因に過ぎないのでしょうが、塵も積もれば山となるということで、もう今や全ての分野から、環境破壊や地球温暖化の問題を詰めていかないと、とてもじゃないけど、地球のお先は真っ暗な訳です。

そんな中、今日取り上げたいのは、こちらのオランダのアムステルダムで、裸にエプロンで街頭に繰り出し包装削減キャンペーンを行った化粧品会社のラッシュ。会社も凄いけど、協力した販売員はもっと凄いですね。ここまでやっても、プレゼントに最適な化粧品のこと、どこまで効果があるのか判らないですけど、この会社の包装削減への想いは多くの人に届いたことでしょう。

包装削減ステッカーとか地球規模でやらないかな。プレゼントには包装の変わりに、直系2cm位の「包装削減ECO活動中」ってステッカーをお店で貼ってもらうわけです。そうすれば、プレゼントをもらった側も送り側の気持ちがちゃんと伝わり、包装無しに対して変な遠慮をする必要が無くなるってことで。その運動が広まってこれば、そんなステッカーも最終的には不要になるだろうし。


posted by エコロジー記者 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(3) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食品価格値上がりに思うバイオ燃料のあり方

話題になっているのは、バイオ燃料の需要増によって、日本のように食糧の海外依存度が高い一部先進諸国では、そうした影響が実感され始め、バイオ燃料開発への加熱ぶりに批判が向けられる事態となっているってことなんですが・・・

世の中、馬鹿ばっかと言いたくなります。
二酸化炭素(CO2)の排出量が減るバイオ燃料は、化石燃料よりも良いに決まっています。それを、食品価格の値上がりにかこつけて、批判するのはどうでしょう。

また、食品業界は、何でも値上がりの理由を探したがるのです。それをバイオ燃料のせいにするのは、そのせいであってもナンセンスです。とにかく化石燃料廃止の足を引っ張ってはいけません。どうせ理由にするなら、石油高騰による輸送料の値上げを理由にしてください。

そして、一番馬鹿なのは、バイオ燃料供給会社。
だから、新しい材料を原料にするなって!!!需要が増えれば、また、焼畑とか作って、森林破壊するじゃんか!!!
バイオ燃料の良いところは、廃サラダ油とかからも作れることでしょ。もちろん、廃サラダ油から燃料化することはコストも上がります。しかし、新しい燃料なんだから、バイオ燃料の50パーセントは廃サラダ油とかの廃棄物不要とか規制しなくちゃ!
それじゃぁ化石燃料に負けちゃうなら、やっぱり化石燃料税とか課して、廃棄物利用のバイオ燃料が使われやすい状況に持っていかなきゃ。
どうしてそういう風になっていかないんだろう・・・もっと危機感持てよ、世界のお偉方!って苦言を呈したくなります!


タグ:バイオ燃料
posted by エコロジー記者 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピンクのブタBMWがモーターショーで環境破壊を訴える!

2007年9月13日にドイツのフランクフルトで「第62回国際モーターショー」が開催されたおり、環境擁護団体グリーンピースはピンクのブタに模したBMW、アウディ、フォルクスワーゲンのドイツ車に乗って、「自動車は環境破壊の原因だ」とする抗議活動のために登場したそうです。

グリーンピースの怒りに触れたのは、どうもフランクフルト・モーターショーが掲げる今年のテーマのようです。
なにやら、「持続可能な移動性」というテーマで、参加各社は燃費を抑えし温室効果ガス排出を削減するニューモデルという触れ込みで出品している模様。
このテーマに対し、グリーンピースは、「環境擁護のイベントであるかのように見せかけている!」と批判している訳ですね。

グリーンピースの言い分も判りますが、一つ言える事は、自動車業界においても、そういうテーマを掲げないと車が売れにくくなってきているということですし、そういうテーマを望むお客も増えてきていると言うことではないでしょうか。
アメリカではそんなテーマはまだ早いという感じですが、ドイツだからこそ、そういうテーマが有効なのかもしれません。
考え方によっては、仮にそのテーマで車が売れたなら、今後も自動車産業はその方向性で進む可能性がありますし、そのテーマで車が売れなかったら、自動車産業はもっと環境を無視した楽しみ重視のテーマに戻すかもしれない。
そういうことを考えた場合、環境をテーマにしたモーターショーも良いのではないかと私は思います。そして、年を重ねるにつれ、より実質的にも環境重視の設計になっていけばそれで良いと思います。

自動車産業も生き残りを掛けている中で、足を引っ張るだけでは何も生まれません。グリーンピースは自動車産業を批判するよりも世間に環境重視の車を選ばせる思考を育て、自動車産業は言葉だけじゃなく実質的に環境重視の車を作る。こういった協調性を持つほうが、効果的だと私は思いました。

ピンクのブタちゃんBMW、ましてやピンクのブタのフォルクスワーゲンならば、批判と言うより、「可愛いい♪」と評価を受けちゃいそうですよ・笑
あ、それはそれで、環境をテーマにしたら車が売れる!ってことになって結果オーライか・笑
昨日の敵は今日の友じゃないですが、敵対よりも協調を!


posted by エコロジー記者 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

有鉛ガソリンが猛毒の鉛を撒き散らすアフリカ・サハラ

有鉛ガソリンと言えば、日本でも今から30年ほど前の1970年代頃まで自動車の燃料などに広く用いられていましたが、有毒で大気汚染の原因となるため、日本では1975年以降、自動車用レギュラーガソリンは完全無鉛化され、現在ではMTBEなど含酸素系添加剤に完全に取って代わられています。
アメリカでも同様に、大気浄化法(CAA)により、1995年に有鉛ガソリンが規制されています。

で、アフリカ・サハラ。
こちらでは、30年前、日本で猛毒な鉛を撒き散らした自動車達は、今はアフリカ・サハラで猛毒な鉛を撒き散らしているという話。
これは、1970年代以前の車は、有鉛ガソリン使用のため、無鉛ガソリンを添加剤無しで供給できないために、有鉛ガソリンを使用しているのでしょう。
日本で中古として放棄された車が、回りまわって今はアフリカ・サハラで公害を撒き散らしているといったところでしょうか?もちろん、無鉛ガソリン化の為の改造も無しで。

アフリカの都市部では、未だ40%が徒歩移動であり、貧困層は汚染された空気に長時間さらされているというこの現実。中古車販売があっての新車販売だと思いますけど、結局、外に出た中古車群は後は野となれ山となれで、世界で環境破壊を繰り返すわけです。
地球は一つですから、そのつけは、必ずいつか取り返しのつかない状態になって日本に帰ってくることでしょう!


posted by エコロジー記者 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

気候変動で地中海の海洋生物死滅の危機

気候変動がもたらす物。それは、干ばつだったり大型ストームだったりするわけですが、海の水温も上昇するわけです。

気候変動により地中海でもやはり水温が上昇し、生息している動植物の生活が脅かされているとの報告書が、イタリアの海洋研究機関ICRAM発表されました。

どんな現象が起きているかと言うと、イタリア北部のトリエステ湾の還流とアドリア海と地中海の海水が混ざるようになっていたものが、温暖化により2003年以降トリエステ湾の寒流が発生しなくなったというもの。

海水が混ざらなくなると、海洋食物連鎖にとって重要な微細藻類が姿を消す可能性があり、また水温がセ氏0.4度上昇すると、最大50%の種に変化を及ぼす可能性があり、これによりアドリア海は海洋生物の存在しない塩水の湖になる恐れがあるということなんです。

アメリカや中国も酷いですが、日本も地球の富を貪る民族として、もう少し消費を落としていかないと、地球温暖化や気候変動で、生活すら苦難になる時代が、もうすぐそこまで来ていることを早く気がついて欲しいと思います。

日本の企業も消費を煽るだけでなく、今の事業を縮小してもやっていける事業に、急速に方向転換していって欲しいですね。
もっと、貧しくなることを意識する必要があるのではないでしょうか?
毎年出てくるTVゲームの新機種を煽って売り、無理して買う今の消費社会ではもう先が見えません。
持っていることが裕福である価値観に別れを告げ、もっと多くの方にスローライフに目を向けて欲しいと思う今日この頃です。


posted by エコロジー記者 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

失敗に終わった地球温暖化対策APEC首脳会議

オーストラリアのシドニーで行われたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の地球温暖化対策について長期的な行動計画を求める首脳会議は、失敗した断言しても誰も異論は無いと思います。
とにもかくにも、拘束力のある二酸化炭素排出量削減目標は設定されなかったわけですから。

確かに
「APEC域内のエネルギー効率を2030年までに少なくとも25%向上させる」
「二酸化炭素を吸収する森林面積を域内で 2020年までに2000万ヘクタール以上増やす」
といった目標値は制定されました。
但し、共通の目標と言えども、二酸化炭素削減割当量の目標を遵守する確固たる約束、ないしは明確な目標が設定されていないまま計画を策定は独自の国で行うことになり、拘束力の無い意味の無い物となってしまいました。
これも全て中国側の主張が大きく影響したようで、先進諸国と新興経済国との間で激しい応酬があったそうです。

次々と強調体制を取り対策を進める西欧との差が大きく現れ、アジアの一人として恥ずかしい限りです。

期待薄ながら、後はインドネシアのバリ島で12月に開催される気候変動枠組条約締約国会議に期待するしか無いですね。
しかし、自国ですら公害の蔓延する中国相手ですから、地球規模で考えようと提案しても無理なのかもしれないです。


posted by エコロジー記者 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

トヨタとフランス電力公社でプラグイン型ハイブリッド車の開発

トヨタ自動車は今年7月、家庭用電源でも充電可能なプラグイン型ハイブリッド(HV)車を初めて公開しましたが、早速、2007年9月5日にフランス電力公社(EDF)は、プラグインHV車の走行試験を今秋からトヨタと共同で始めると発表しました。充電は家庭だけでなく、路上に充電スタンドを供給し、課金するシステムについても、EDFと技術提携するそうです。

プラグイン・ハイブリッド車でトヨタが海外企業と提携するのは初めてで、フランスと言えばルノーですが、自国産業のルノーを差し置いてのトヨタの参入に、日本の技術の高さとトヨタのアグレッシブさを感じます。
また、他国の技術でおいても環境保全のために積極的に導入するフランスの懐深さに感銘を受けると共に、自国に技術がありながら日本の進まぬ環境対策に憤りを感じます!!!

試験はパリ市内の公道などで行われ、市販化に必要な走行データを収集し、両社はその後、走行試験をフランス以外のEU(欧州連合)諸国でも行う方針とのこと。今回の試験は4台で今秋から2年間の予定で行われるそうです。4台で2年とは意外に慎重ですね・・・
EDFはこれまでも電気自動車の開発を行ってきており、フランス国内に約200の充電スタンドを持つそうです。

posted by エコロジー記者 at 04:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

150円ビッグマックの私のチャレンジ宣言カードはこちらです。

日本国民に地球温暖化に対する認識を高めてもらう為、環境省の「『1人1日1kgのCO2削減』応援キャンペーン」に協賛するマクドナルドと環境省がタッグを組みました。

それは、環境省のウェブサイトで用意している39項目のCO2削減策を一覧にした「私のチャレンジ宣言カード」をプリントアウトするか、携帯電話にダウンロードして、各挑戦項目にチェックを入れて回答したものを、マクドナルドに持参し、ビッグマックかシャキ氷の購入時にカードを提示すると、ビッグマックが半額の150円に、シャキ氷が190円になるというもの。

私のチャレンジ宣言カードは、こちらから入手できます。

9月5日には、環境省のウェブサイトにアクセスが集中し、システムがダウンする事態が発生したそうです。

ちなみに、CO2削減策の39項目は、こんな内容です。

★チャレンジメニュー
【温度調節で減らそう】
1) 夏の冷房時の設定温度を26℃から28℃に2℃高くする。 83g
2) 冬の暖房時の設定温度を22℃から20℃に2℃低くする。 96g

【水道の使い方で減らそう】
3) 風呂のお湯を利用して身体や頭を洗い、シャワーを使わない。 371g
4) シャワーの使用時間を1日1分短くする。 74g
5) 風呂の残り湯を洗濯に使いまわす。 7g
6) 入浴は間隔をあけずに。 86g

【商品の選び方で減らそう】
7) 古いエアコンを省エネタイプに買い替える。 104g
8) 古い冷蔵庫を省エネタイプに買い替える。 132g
9) 白熱電球を電球形蛍光ランプに取り替える。 45g

【自動車の使い方で減らそう】
10) アイドリングを5分短くする。 63g
11) 通勤や買物の際にバスや鉄道、自転車を利用する。 180g
12) 発進時にふんわりアクセル「eスタート」をする。 207g
13) 加速の少ない運転をする。 73g

【買い物とゴミで減らそう】
14) 買い物の際は、マイバックを持ち歩き、省包装の野菜を選ぶ。 62g
15) 水筒を持ち歩いてペットボトルの使用を削減する。 6g
16) ゴミの分別を徹底し、廃プラスチックをリサイクル。 52g

【電気の使い方で減らそう】
17) 冷房の利用時間を1時間減らす。 26g
18) 暖房の利用時間を1時間減らす。 37g
19) 主電源をこまめに切って待機電力を節約。 65g
20) ジャーの保温をやめる。 37g
21) 夜中にジャーの保温をやめる。 37g
22) ご飯は保温するよりレンジで解凍する。 1g
23) 電球(電球形蛍光ランプ)の点灯時間を短くする。 2g
24) テレビを見ないときは消す。(ブラウン管テレビ) 13g
25) 使わないときは温水洗浄便座のフタを閉める。 15g
26) 温水洗浄便座の便座暖房の温度を低めに設定する。 11g
27) 冷蔵庫の扉を開けている時間を短くする。 3g
28) 1日1時間パソコン利用を減らす。(デスクトップ型パソコン) 13g
29) 1日1時間パソコン利用を減らす。(ノート型パソコン) 2g

【その他】
30) 太陽光発電を新規に設置する。 670g
31) 太陽熱利用温水器を新規に設置する。 408g
32) 屋上緑化を新規に導入する。 107g
33) 冷蔵庫を壁から適切な間隔で設置する。 19g
34) 冷蔵庫にものを詰め込み過ぎない。 18g
35) ガスコンロの炎をなべ底からはみ出さないように調節する。 5g
36) やかんや鍋を火にかけるときは、やかんの底や鍋底の水滴を拭き取る。 1g
37) 食器を洗うときガス給湯器の温度を低く設定する。 29g
38) 給湯器を高効率給湯器(CO2冷媒ヒートポンプ型)に買い替える。 607g
39) 給湯器を高効率給湯器(潜熱回収型)に買い替える。 208g


posted by エコロジー記者 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

地球の80%の熱帯雨林を有する8か国の同盟

地球の80%の熱帯雨林を有する8か国と言えば、ブラジル、カメルーン、コンゴ、コスタリカ、ガボン、インドネシア、マレーシア、パプアニューギニアの8カ国です。

インドネシアのスシロ・バンバン・ユドヨノ大統領は9月1日、気候変動の対策措置を検討するため、8カ国同盟を呼びかけました。

9月24日に国連(UN)総会が行われるニューヨークで、8か国の代表らによる最初の会合が開催され、経済発展と共存可能な森林保護の方法が議論されるとのこと。

経済発展と森林保護。
でも、どうしてそんなに難しいんだろう。
保護する地域は徹底的に保護して、破壊を伴う人の手は入れない。
そして、既に開かれた地のみの再利用で、経済発展を目指す。
どこの国もそうですが、居住区と保護区の線引きがあまりに曖昧過ぎます。もっと、保護区は徹底しないと。保護区に便利を求めるのがそもそもの間違いなんですよね。保護区で生活する人は、望んでその地に居るわけだから、経済発展の名の元に、自然を破壊するのもどうかと思う訳です。
「元々わしらの土地じゃぁ」っていうなら、もともとの生活を守って欲しいような。経済発展を望むなら、国の補助を受けても良いから、発展居住区に移ってもらい、保護区は開発しないってなことをやっても良いかと。

そもそも、自然地域の開発って、元々の住民が望むというより、経済発展の美味しい話を持ち込む外から来た企業の手によって、無理やり開発させられているって部分も多いし。


posted by エコロジー記者 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
スポンサード リンク




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。